参加者満足度80%超!日刊自動車新聞社との共催イベントテーマは「攻めの人事DX」 | 株式会社Zeals(ジールス)

参加者満足度80%超!日刊自動車新聞社との共催イベントテーマは「攻めの人事DX」

Written by mikiko.mine | 2021/11/11

Contents

自動車業界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を後押しすることを目的に、日刊自動車新聞社とジールスは経営層向けオンラインセミナーを開催しました。第1回目のテーマは「攻めの人事DX」。業界大手のテクノロジー企業3社に登壇いただきました。申し込み数は120名を超え、事後アンケートでも満足度80%を達成した本イベントの様子を紹介します。

人材確保と育成は喫緊の課題。組織力向上に必要な本質的な「DX」とは何かを考える

最近よく耳にする「DX」(デジタルトランスフォーメーション)というキーワード。単にアナログからデジタルへなどとも捉えられていますが、何より戦略や組織の大胆な改革を指す言葉だと考えます。そのためには、活躍できる人材の採用や適正な人事評価、密なコミュニケーションで実現する組織力の向上が必要不可欠です。その方法を探るべく、組織力向上において大きな価値を発揮しているHRBrain・ヒューマンキャピタルテクノロジー(Geppo)・ROXXの3社がイベントに登壇しました。
「大変革期を迎える自動車業界。特に、整備士においては、全体数および専門学校への入学者数が年々減少している。給与改定は行われているが、一人一人のモチベーション管理や評価と合わせた効率的な企業経営が極め極めて重要になってくる。」と話すのは日刊自動車新聞社の髙橋社長。

参加者の皆さんにとっても、新たな発見の機会となった3社の講演内容を紹介します。

自動車業界事例から学ぶ、人材育成と人材定着を実現する人事DX
株式会社HRBrain 岩本英佑氏

企業の経営環境・労働市場・個人の価値観を背景に、柔軟な対応やデジタル活用や多様化する個人の働き方や仕事に対する考え方に寄り添った施策が必要です。特に、これからは「組織の時代」から「個の時代」と言われており、個人個人のキャリアニーズや自走を促すマネジメントに変えていくための方法について「HRBrain」というサービスと自動車販売社での導入事例を元にお話いただきました。
詳しくはこちら https://www.hrbrain.jp/

 

個と向き合う人事へ、本音を言える環境を生み出すHRテクノロジー
株式会社ヒューマンキャピタルテクノロジー 藤咲 由梨香氏

コンプライアンスのリスクや組織風土の問題、多様な人材の雇用などGeppoを通じて自動車業界の課題が見えてきました。サーベイツール「Geppo」を入れることで、従業員の声を定期的に拾い、未然にリスクを防いだり、きめ細やかな人材活躍支援につなげたりすることが期待できます。すでに、自動車業界でも多数採用されており、個人と組織の課題を見える化することに貢献しているとお話いただきました。
詳しくはこちら https://www.geppo.jp/

中途採用の失敗を無くす方法とはー失敗・成功事例をベースにコツを直伝ー
株式会社ROXX 中嶋 汰朗氏

会社の規模にかかわらず起こる「採用の失敗」ですが、従業員数が少ない企業こそ人材ミスマッチにおける影響は大きくなります。出会える候補者の数を増やし、採用業務の負荷を減らすこと、入社に至るまでのフローにリファレンスチェックサービスの「back check」という新たな手法を入れることでミスマッチを防ぎ、長く活躍できる人材を獲得できるとお話いただきました。
詳しくはこちら https://agent-bank.com/ https://backcheck.jp/ 

 

参加者からのアンケートでは、「今後、検討する必要性を感じた」「各部門で抱える課題を解決し、デジタルを活用した変革を実現できるよう今後検討していきたい」「時間が足りなかったので、次回はもう少し掘り下げて欲しい」など貴重なご意見を多くいただきました。

次回は1月に、第二回目のセミナーを企画しています。皆さんのご参加をお待ちしています。

 

<日刊自動車新聞でも紹介されました!>  https://www.netdenjd.com/articles/-/257846