YOUは何しにジールスへ?ー7月編(前編)ー | 株式会社Zeals(ジールス)

YOUは何しにジールスへ?ー7月編(前編)ー

Written by Tamae | 2021/07/30

失われた売り上げ、経済活動、日本が世界に誇る「おもてなし」の力を取り戻す。ジールスは、「おもてなし革命、日本発世界一」というビジョンを掲げこの困難なテーマに真っ向から挑んでいます。コロナ禍でも、攻めの採用活動を継続し多くの仲間がジールスにジョインしてくれました!今回は、国内外問わず7月入社のメンバーに新しいキャリアとしてなぜジールスを選んだのかそれぞれの声を集めました。
  • ジールス|編集部

    PRチームのメンバーが、社内で活躍するメンバーや起きている出来事、文化など「ジールスの日々」を発信していきます。記事を通して、少しでもジールスのことを知っていただけばと思います。ぜひ、ご注目ください。

Contents

Members VOICE

これまでのキャリアについて教えてください。

大学卒業後は、医療機器メーカーや人材業界で営業職として働いてきました。前職の人材業界では、営業と事業企画を経験しました。新規サービス立ち上げの部署で、営業とディレクション業務を兼任し、会社の表彰制度で2年連続賞をいただくこともできました。社会人経験が増すにつれ、経営や事業のトップになるのではなく、事業推進に必要不可欠な右腕的存在でありたいという思いが強くなり、事業企画の部署に異動しました。自分が関わったサービスやお客様に対する責任感の強さが、人材業界で15年間という時間を過ごせた理由だと思います。
チャットコマース事業本部 中村 公一

美容師として働く中で、外の世界に興味を持ち始め、自分自身の知見や可能性を広げたいという思いでキャリアチェンジしました。人事系ツールをHRテクノロジーカンパニーに営業アシスタントとして入社。入社者対応や社内イベント、情報システム的な業務など、社員が働きやすい環境づくりを意識していました。美容師時代から変わらない思いは、人に喜んでもらえる事にモチベーションを感じることです。キャリアチェンジに不安はありましたが、後悔はしていませんし、いずれは大好きな美容業界に貢献できる働き方ができればと考えています。
チャットコマース事業本部 坂崎 南美

21年間アパレルブランド一筋で働き、初めての転職となります。店舗接客からスーパーバイザーとして活躍した後、本部でプロジェクトマネジメント職に従事しました。約500店舗の新店立ち上げに関わってきましたが、様々な部署の人の思いを初志貫徹で繋ぎ止め、現場に引き渡すまでの役割を担ってきました。成長軌道に乗った系列ブランドの海外出店のサポートも経験し、帰国後はサイネージを利用したデジタルストアの開店を行いました。一つの企業で働き続けることができたのは、お客様の様子を目の前で見ることが出来たからだと思います。大変なこともありましたが、店舗に来店してくださったお客様からの学びは非常に大きいものがありました。会社が成長していく中で、働く仲間と共通の価値観を持って働けたことは非常に充実した日々でした。
チャットコマース事業本部 丸山 友秀

 

ジールスに入った理由は?

40歳を目前とし、業種を変えてキャリアアップをするなら今しかないと動き始めました。最近では過去の経験から仕事ができてしまう感覚があり、自身の成長を再度促進するには新しいことにチャレンジしたいという思いもありました。ジールスはエージェントさんの紹介で出会い、正直最初は志望度が低かったです。しかし、選考が進む中で、ジールスで働く人たちの思いや熱意に触れ、どこか自分の中で忘れかけていた情熱を思い出せた感覚とこの会社で現場に近いところで本当にお客様のためになる仕事に取り組めると思いました。最終面接では、「ジールスで働くつもりです」と冒頭から伝えていましたね(笑)。
チャットコマース事業本部 中村 公一

執行役員の渡邊さんがSNSでジールスが採用活動をしている投稿を見たことがきっかけで、入社しました。コーポレートサイトから社員数の増加や事業スピードの速さがひしひしと感じられ、ジールスで働いてみたいと思いました。転職を考えた理由でもある、スキルアップをしてより幅広い業務を行い、自分の強みを見つけたいという思いもマッチし入社を決めました。
チャットコマース事業本部 坂崎 南美

プロジェクトマネジメントの仕事は、キャリアの幅を広げることはできますが、深く突き詰めることは難しいというジレンマを抱えていました。40代に突入し、キャリアチェンジをするなら今しかないと転職を決意しました。エージェントから届いたメール本文にあった「おもてなし」という言葉に惹かれ応募したのがジールスとの出会いです。テクノロジーの力を用いて、日本の接客体験を届ける取り組みは世界の競合が真似できない強みになると思いましたし、DXやOMOが注目されている現代において自分のこれまでのキャリアも生かせると入社を決めました。面接でお会いした方が全員エネルギーに溢れている事と共に、日程調整や結果連絡などが即日送られてきたことが印象的で、一つ一つのレスポンスが候補者に対する「おもてなし」が体現されていると感じたのを今でも覚えています。
チャットコマース事業本部 丸山 友秀

 

ジールスでやりたいことは?

新規事業のチームに配属されました。新しいことへのチャレンジには、さまざまな役割が存在すると思っています。全員がスペシャリストなので、適材適所で役割分担しミッションの達成に向け動き始めているところです。私自身は、事業を拡大していくフェーズで存在感を示していきたいと考えています。社員の熱量をひしひしと感じられる環境で働けることに日々ワクワクしています。
チャットコマース事業本部 中村 公一

営業アシスタントとして、チームのみなさんと一緒にジールスにしかできない接客体験をより多くのお客様に届けていきたいと考えています。入社して間もないですが、意思決定の速さと仲間を大切にする文化が根付いていることを実感しています。まずは、目の前の業務に真剣に取り組み、将来的には美容業界(特にヘアサロン)へ貢献したい思いを何かしらの形にできればと思っています。
チャットコマース事業本部 坂崎 南美

チャットコマースはあらゆる可能性を秘めていると思っています。オンラインとオフラインの境目のない新たな接客体験をつくりあげることが私のミッションです。まずは、会社全体の取り組みを理解するため、さまざまなチームやプロジェクトに積極的に参加し、解像度を高めつつ、随時、アウトプットする事から取り組みたいと思っています。また、グローバル展開における知見もあるので、現地に根付いた事業展開ができるようサポートしていきたいです。
チャットコマース事業本部 丸山 友秀