YOUは何しにジールスへ?ー7月編(後編)ー | 株式会社Zeals(ジールス)

YOUは何しにジールスへ?ー7月編(後編)ー

Written by Tamae | 2021/08/06

失われた売り上げ、経済活動、日本が世界に誇る「おもてなし」の力を取り戻す。ジールスは、「おもてなし革命、日本発世界一」という志を掲げこの困難なテーマに真っ向から挑んでいます。コロナ禍でも、攻めの採用活動を継続し多くの仲間がジールスにジョインしてくれました!今回は、国内外問わず7月入社のメンバーに新しいキャリアとしてなぜジールスを選んだのかそれぞれの声を集めました。
  • ジールス|編集部

    PRチームのメンバーが、社内で活躍するメンバーや起きている出来事、文化など「ジールスの日々」を発信していきます。記事を通して、少しでもジールスのことを知っていただけばと思います。ぜひ、ご注目ください。

Contents

Members VOICE

1.これまでのキャリアについて教えてください。

海外で育ち、日本の大学に進学しました。就職活動を経て、内定をいただいていたものの、”人としてどうなりたいのか?”という将来像を外部に流されることなく、考え抜きたいとの思いから、就職浪人という道を選びました。ファーストキャリアに選んだのは、大手人材会社の広告メディアに特化した企業です。北海道、宮城県で経験し、「圧倒的当事者意識」と「考え、やり抜く姿勢」や、スキルだけでなく組織マネジメントなども学びました。その後、エンタメ大手に転職。新規事業部に配属だったのですが、まさかの入社3ヶ月で撤退に。それに伴い、別事業部に社内転職。事業のマネタイズや新規事業には、圧倒的なスピードと成果が求められることを実感することができ、今も活かされてます。
チャットコマース事業本部 須田 悠佑

幼少期から野球一筋で生きてきて、就職活動がスタートした当初は具体的に働くイメージが湧いていませんでした。しかし、自己分析や先輩社員の話を聞くうちに、すでにある商材を扱う仕事ではなく、その先にいるお客様のことを考え商品をつくる仕事が楽しそうと感じ自動車の販売・買取会社に入社しました。まずは、ローテーションでさまざまな部署を経験し、その後営業企画とデジタルマーケティングの2部署を経験しました。大胆な変化を起こす社風の中で、新しい取り組みを浸透させるために社員の皆さんから理解や協力を得ることにやりがいを感じながら働いていました。
チャットコマース事業本部 押田 優哉

フィリピンの大学を卒業後、在学中に学んだコンピューターサイエンスを生かせるIT企業に入社しました。サービスデザインを担当し、ビジネスやデザイン、マーケティングなど幅広い分野の仕事を経験しました。その後、データセンターでエンジニアの仕事に就きましたが、デザイナーという職種に挑戦したいという意欲が湧き勉強を始めました。その後、コンサルティングの会社でUXデザインコンサルタントに従事し、クライアントに寄り添った提案を心がけていました。
テクノロジー開発部 Mejia Hiro

新卒で、デジタルマーケティングの企業に就職しました。顧客満足度調査のアンケート作成やコールセンターの対応調査などを行っていました。社会人5年目に入った時、ウェブマーケティングに興味を持ちIT企業に転職しました。そこでは、広告運用の仕事をしているときに妊娠が発覚。産休・育休を経て、SEOコンサル部で採用や育成といったマネジメント業務も経験しました。その後、子育てをしながら広告運用の仕事に戻ることを決意。周囲の理解や協力もあり、仕事と育児の両立が果たせたと思っています。
チャットコマース事業本部 蒔田 雅代

新卒後、大手印刷会社に入社し包装資材の営業を行っていました。新設の部署だったので、地道にコツコツと営業を進めていました。自分の営業力をより磨き、お客様に寄り添った営業マンになりたいという思いから不動産会社に転職しました。土地活用に困っているお客様に対して、企画提案型の営業を行っていました。そこでは、人生のライフイベントである出産も迎え、子育てをしながら働いていました。自身の生活に変化が起きても、「誰かのために頑張り続ける営業職でありたい」という気持ちと、自分自身の成長意欲は大切にしたいと生きてきました。
チャットコマース事業本部 張 櫻子

I’ve worked in IT for about 15 years now, and the last 6-7 years in financial companies. I worked on messaging systems such as Kafka/RabbitMQ and Observability with ElasticSearch, Graylog, and fluentD.
(訳)これまで約15年間、IT業界で働いてきました。ここ6~7年は金融企業にて、Kafka/RabbitMQやObservability (ElasticSearch、Graylog、fluentD) などのメッセージングシステムの開発に取り組んできました。
テクノロジー開発部 Felipe Mateus Kempfer Philippsen

 

2.ジールスに入った理由は?

ジールスとの出会いは、エージェントからの紹介でした。その後、ジールスのことを自分なりに調べ、動画サイトに投稿されていた動画を全て見て、社長や事業としての圧倒的な熱量の高さを感じ、”本気で、この会社で働きたい”と強く感じました。面接の段階でもその熱量は変わらず、グローバルな観点で急成長を続けている様子を受けました。自分自身のWillも日本と世界の架け橋になりたい、という思いがあり、それを最短で叶えることができるのはジールスだと確信し、社長面接では「ここで働かせてください」という思いを一番に伝えました。
チャットコマース事業本部 須田 悠佑

昨年末、仕事とプライベートを振り返る機会があり20代のラスト2年をどう過ごすか考え転職活動を始めました。3ヶ月かけて自己分析をした結果、ビジョンと社長の思い、そして事業が一気通貫している会社で働きたいという結論に至りました。ジールスのことは、前職でチャットサービスを探していたときに知っていました。転職活動中に、エージェントから紹介を受け、改めてサイトを見て興味が湧きました。面接で、経験やスキルより、僕という一人の人間を見てくださっている印象を受けました。自分の転職活動軸とも重なり、入社を決めました。
チャットコマース事業本部 押田 優哉

UXデザインコンサルタントの仕事は好きだったのですが、案件ごとにチーム編成と解散が繰り返され、長い時間をかけてプロダクトを見ることができない点、チームとしての成長がない点をもったいないと感じていました。インハウスデザイナーであれば、一つのサービスを見守り、チームメンバーと共に長期的な成長をすることができます。グローバル、デザイン、スタートアップの3つの軸で次に働く会社を探していたのですが、ジールスは見事に全てが揃っていました。会社のカルチャーをイメージできたこと、チームとしての強さも感じ、入社を決意しました。
テクノロジー開発部 Mejia Hiro

ジールスとの出会いは、エージェントからの紹介でした。面接で、楽しんで仕事をしている雰囲気を感じ「一緒に仕事ができたら楽しそう」というイメージが湧き入社に対する角度が高まりました。
若いメンバーが多いことも印象的で、今後は事業を成長させるために細かいケアも必要になってくると想像できました。リスクマネジメントや育成の面で、私が何か役に立てることがあるかもと入社を決めました。
チャットコマース事業本部 蒔田 雅代

ジールスのことを初めて知った時、チャットボットを代理で作る印象を受け自分の目指す営業スタイルは実現できないと思っていました。しかし、調べていくうちに、困っている人に寄り添うロボットの開発をしている会社だと理解し、ジールスの掲げる壮大なビジョンと事業の関係性が合致しました。面接では私の思いを聞き、「困っている人を助けたい」という些細なフレーズも拾ってくださったのも覚えています。自分の目指す営業・ビジネス像はこの会社で実現できると強く思い、すぐにでもメンバーになりたいと感じました。
チャットコマース事業本部 張 櫻子

Zeals has a core value that I’m very fond of, omotenashi. The scale that Zeals want to achieve is a very fun challenge to work on.
(訳)ジールスには「おもてなし」という、私が大好きなコアバリューがあります。ジールスが見据える世界の規模感、それを実現するためのチャレンジに非常にワクワクしています。
テクノロジー開発部 Felipe Mateus Kempfer Philippsen

 

3.ジールスでやりたいことは?

入社して、まず思ったのはさまざまなバックグラウンドを持った仲間がおり、とても新鮮だということです。海外生活の共通項があるメンバーと話した時は、共感する部分が多く本当に嬉しかったです。
まずは、仕事に必要な知識をできるだけ早く身に付け、お客様が求める本質的な課題の解決に尽力したいと思っています。また、HR領域の経験もあるのでオンボーディングの座組みも整え、いつでも新しい仲間を迎え入れる体制を準備したいです。攻めと守りのバランスで、「おもてなし」を体現する世界一のチーム・組織・会社を作っていきます。また、世界一の会社になるには?という視点を常に持って行動に落としていきます!
チャットコマース事業本部 須田 悠佑

入社してすぐ、知見を生かしキックオフ資料や分析資料を作成しチームに展開しました。小さなことでも、仲間から感謝の言葉や感想をもらうと嬉しいですし、今後も自分にできることを探して貪欲に取り組んでいきます。今後は、世の中に求められる新しいサービスを生み出すことにも挑戦し、経営ボードに近いポジションで仕事をしていきたいです。組織拡大に伴い、ビジョンを次世代に脈々と継承できるような働きかけも必要だと思うのでコミュニケーションも大切に働きかけていきます。
チャットコマース事業本部 押田 優哉

デザインチームの組成は実現したいと思います。今までは、一人のメンバーがやっていましたが、組織の拡大に合わせチームで全体のデザイン設計を支えたいです。組織の拡大、グローバルの2つの軸で強いチームをつくっていきたいです。また、開発メンバーだけでなくビジネスサイドともコミュニケーションを積極的に行い、デザインの知識や経験を使って課題解決をしようと考えています。
テクノロジー開発部 Mejia Hiro

多様な人材を迎え入れる会社だからこそ、人の育成や組織課題に対しての解決策を生み出す仕事をしていきたいと考えています。「働くお母さん」としてのロールモデルにもなれるのではないかと思っています。働きたいという意志を持つ、全ての方にテクニック的な部分も含めて楽しく働き続けることができると伝えたいです。多様な働き方を実現するには、雰囲気づくりも重要な要素の一つなので仕組みづくりにも挑戦したいと思います。
チャットコマース事業本部 蒔田 雅代

私は、企業としてお客様に対してサービス提供をする上で、社員全員が同じ方向を向いていることが何よりも重要だと考えています。一人前の営業マンを目指していますが、組織の一員である以上別の仕事でも喜んで受ける覚悟です。「三方よし」という言葉がありますが、ジールスでそれを体現したいです。子育てをしながら働いている私にとって、フレックスタイム制度が導入されていることもとてもありがたいです。「人を大切にする会社」であり続けるために、私も貢献していきたいです。
チャットコマース事業本部 張 櫻子

Design and implement systems and help our customers to improve their sales flow, with the infrastructure working so well that it would feel invisible for them.
(訳)システムの設計と実装、お客様のセールスフロー改善にあたり、“問題が起きないからこそ意識をされることもない” ような、万全なインフラ開発に貢献したいと思っています。
テクノロジー開発部 Felipe Mateus Kempfer Philippsen