YOUは何しにジールスへ?ー11月ー | 株式会社Zeals(ジールス)

YOUは何しにジールスへ?ー11月ー

Written by Tamae | 2021/11/30

ジールスは「おもてなし革命、日本発世界一」というビジョンを掲げ、日本から世界へ挑戦していきます。コロナ禍でも、採用活動を強化し多くの仲間がジョインしてくれました!今回は、11月入社のメンバーにインタビューしました。
  • ジールス|編集部

    PRチームのメンバーが、社内で活躍するメンバーや起きている出来事、文化など「ジールスの日々」を発信していきます。記事を通して、少しでもジールスのことを知っていただけばと思います。ぜひ、ご注目ください。

Contents

ご入社おめでとうございます!まず、これまでのキャリアについて教えてください。

「教育が良くなれば社会や子供たちの未来が明るくなる」という考えの元、教育関係の仕事に携わりたいという思いから、新卒で学習塾を運営する企業に入社しました。小学生のクラスを受け持ち、生徒募集・授業・生徒保護者対応など幅広く一人で業務を行っていました。その後、教育におけるICTの必要性を感じ、保育・幼児教育業界にITサービスを提供する会社に転職。営業職と出産を経て、直近では円滑に各部署の業務が進むよう改善する仕事をしていました。
チャットコマース事業本部 渡邊 衣里佳

新卒で中小企業をクライアントに持つWeb広告代理店に入社しました。新規アフィリエイト広告提案やメディア営業を中心とした広告営業、Web接客ツールなどを取り扱ったツール営業をメイン業務で従事していました。
チャットコマース事業本部 髙橋 蔵之介

新卒から13年半、金融業界で働いていました。法人向け融資の営業をメインに投資信託や住宅ローンなど、運用商品の販売にも携わってきました。その後、社内公募へ応募し、スタートアップへ出向。事業開発や採用支援、カスタマーサクセス的な業務も経験しました。本部に戻り、IT統轄部で新しい預金サービスの開発企画を実施。自分の信念には必ず「地域を変える」という言葉がありました。
チャットコマース事業本部 福井 惇

新卒で大手人材サービス企業に入社。法人営業を経て、採用人事に異動。会社の事業統廃合を機に、人事の立ち上げに携わり、マネージャー職を担っていました。多い時には新卒中途合わせて年間1000名弱の採用を経験。入社後活躍を見据えた採用戦略を立て、離職率10%から3%へ引き下げることにも成功しました。大規模組織をまとめるときに意識していたことは「それぞれの個性、“Will”を大事にすること」です。「常にチームで成功すること」が大切だと思っています。
People&Culture本部 古賀 ゆか

 

ジールスに入った理由について教えてください。

スカウトメールを機に、ジールスを知りました。ジールスのビジョンを見て興味が沸き、私の価値観を変えてくれるきっかけをもらった気がしています。
転職の軸は、新卒から変わらず「教育に携わること」だったのですが、チャットボットの可能性を感じ教育に囚われずとも日本や世界を変えることができるかも知れないと感じました。執行役員の大介さんとの面接の中で、「社長は次世代の孫正義になる男だ」と言われたことも印象的で、入社を決めました。
チャットコマース事業本部 渡邊 衣里佳

「専門性を持ちたい」との思いから転職活動をはじめました。学生時代からジールスのことは知っており、AbemaTVに出演していた社長の姿を見て、同世代でありながらみんなを引っ張っていく存在をかっこいいと感じていました。また、前職でもチャットコマースを取り扱っており、ジールスが成果にコミットする企業という印象を強く持っていました。面接では実際に社長と話し、僕と同世代メンバーの活躍や事業部の魅力を解像度高く教えてくださり、ここで働きたいと入社を決めました。
チャットコマース事業本部 髙橋 蔵之介

ジールスは、エージェントからの紹介で知りました。チャットコマースは、金融機関とお客様のコミュニケーションのあり方を変えられる可能性を持っているのではないかと感じ、興味が湧きました。オンラインとオフラインの双方で、コミュニケーションがとれるようになること、地域の金融機関とお客様の関係性が大きく変わる未来がイメージできたんです。新たな挑戦をしたいと、入社を決めました。
チャットコマース事業本部 福井 惇

前職では、組織も業務も充実した日々を送っていたのですが、会社の平準化に合わせて動いている感覚も同時に覚えました。自分の個性が何かを考え、原点回帰できる環境と自分の経験を生かし事業に大きく貢献できる場所を軸に転職活動をはじめました。
最終的に数社と悩んでいたのですが、ジールスにまつわる記事を全て読み、CEO清水の軌跡に触れ、ビジョンドリブンで変化し続ける姿勢を強く感じました。ビジネスモデルはもちろん、何よりビジョン、事業、人の3つに共感したのが入社の決め手です。
People&Culture本部 古賀 ゆか

 

ジールスには入社したメンバーが書くボードが存在します。それが「Will Board」皆さんはどんな思いを描きますか?

笑顔あふれる社会を作る
私は、第一に子供たちの成長を支えたいという思いが強くあります。私にも子供がいますが、「子供が幸せな社会は、みんなが幸せな社会」と考えています。”幸せ”は、不確実なものですが、”笑顔”は幸せの具体的な事象だと思うので、この思いを大切にしていきたいです。
チャットコマース事業本部 渡邊 衣里佳

誰かのために
学生時代サッカーに励んでおり、そこで得た価値観に「誰かのために」があります。自分が結果を出すことで、周囲の人が喜んでくれたり感動したりと、良い影響を与えられたと感じたことがありました。
これから辛い状況に陥ったとしても、直接でなくても誰かのために今やっていることが繋がっているという自戒を込めて書きました。
チャットコマース事業本部 髙橋 蔵之介

地域を変える
ジールスに転職してきた理由であり、新卒の時から一貫した思いです。これは、自分自身の人生のテーマでもあります。今後、日本を変化させるためには、都市部だけでなく地域にも大きな可能性が秘めていると信じています。
チャットコマース事業本部 福井 惇

人の可能性を引き出し、繋いでいきたい
ジールスは、変化の激しい会社ですが、今後も事業成長していくはずです。そのため事業の変化を捉えながらも、入社するメンバーが幸せになれるよう、採用だけでなく入社後に可能性が開花できる制度や風土を整えていきたいと思います。
People&Culture本部 古賀 ゆか