YOUは何しにジールスへ?ー1月編ー | 株式会社Zeals(ジールス)

YOUは何しにジールスへ?ー1月編ー

Written by Tamae | 2022/01/31

ジールスは「おもてなし革命、日本発世界一」というビジョンを掲げ、昨年は100名を越える仲間がジョインしてくれました。これから、組織の力を最大化し、日本から世界へ挑戦していきます。今回は、1月入社のメンバーのインタビューを紹介します。
  • ジールス|編集部

    PRチームのメンバーが、社内で活躍するメンバーや起きている出来事、文化など「ジールスの日々」を発信していきます。記事を通して、少しでもジールスのことを知っていただければと思います。ぜひ、ご注目ください。

Contents

ご入社おめでとうございます!まず、これまでのキャリアについて教えてください。

私の祖父と父は経営者で、「自分の人生を生きろ」という考え方が常にありました。経営者だから尊敬しているのではなく、自分の仕事を生み出し、生活を守り、かつお客様と向き合っている姿は、尊敬できるし、自分もそうありたいと思っています。
新卒では、大手アパレルメーカーに入社。地方の店舗立て直しに尽力しました。その後、オンライン教育業界に転職し、講座の開発や運営など責任者としてさまざまな仕事を担当しました。
チャットコマース事業本部 石川 智成

私は、情報通信業界の営業職としてキャリアをスタートしました。その後、人事・総務部へ異動し、社内システムの導入企画・実装から社内業務フローの整備、BPOや手順書作成など、バックオフィスに関連する業務の標準化を進めてきました。「ユーザー側の負担をいかに取り除くか」を念頭に仕事をする業務は私にとても合っていると感じます。
People&Culture本部 村松 優花

アメリカの大学を卒業後、ペットボトルのラベル印刷や製造を行なっている会社に就職しました。その後、広告代理店へ転職し、営業としてセールスプロモーションを提案する仕事をしました。デジタル広告へのニーズが高まったタイミングで、知識と経験を積みたいとの思いからベンチャー企業へ転職。様々な案件を担当してきました。
これまで一貫して営業に従事しており、お客様の考えを聞き出し、一つ一つ形にしていくことで信頼関係を築いてきました。
チャットコマース事業本部 瀬戸 裕介

大学卒業後は、事業内容に惹かれ人材メディア企業に入社しました。新規営業を担当していたのですが、お客様と話をしながら「こういうものがあったら嬉しい」という声を拾ってどうすれば実現できるかを考えながら働いていました。
自ら手を上げ部署異動するなど、できる仕事の幅が増えるようキャリアを築いてきました。
チャットコマース事業本部 大木 一生

音楽系専門学校を卒業後、イベント会社に入社し大手ゲームソフトメーカーとイベント運営を行っていました。その後、広告代理店に転職。Web広告の営業や運用、新商品開発、記事のライティングなどを経験しました。前職は、コンサルティング会社でWeb広告の知見を生かしながらクライアントの課題を解決するため業務していました。
チャットコマース事業本部 大谷 篤史

これまで、小売業界を中心に働いてきました。最初は販売職のキャリアからスタートしたのですが、マーチャンダイザーとして、バイクECサイトを運営する会社に転職。その後もバイク用品を扱う企業で購買部門の責任者として内部統制などの業務を行っていました。
コーポレート本部 和田 知也

I have been working as a QA Test Analyst for just over 10 years. I graduated from CQ University Australia, and I was awarded a Director’s Award for Academic excellence. However, like most graduates, I faced uncertainty after graduation. Nonetheless, I was certain that I wanted to pursue my career in Technology. My journey began as a ‘Jnr. SEO coordinator – Internship’ at a Patent Company Sydney. Afterward, I started working as ’User Support at Telstra (Australia’s largest telecommunication and Information services company). In 2011-12, I was given an opportunity to work as a Software Tester and started my long-term Testing career from there. I joined NextGen Gaming as a QA Test Analyst. This path enabled me to challenge conventional ways of working and learn new and more efficient Testing techniques and technologies, which enabled me to be successfully promoted from QA Test Analyst to Snr. QA Test Analyst/QA Lead. Nowadays, technology is growing and changing rapidly. To catch up with the latest trends, I kept learning and implementing during my Testing career which promoted me to Automation Test Engineer and based upon my skills and expertise, I was able to join Zeals as a QA Automation Engineer.
(訳)僕は10年以上QAアナリストとして働いています。オーストラリアにあるCQ大学を卒業し、成績優秀者としてディレクターズアワードも受賞しました。しかし、他の卒業生同様、将来に対して不安がありました。それでも、テクノロジーの世界でキャリアを積みたいと考え、シドニーにある特許会社でSEOコーディネーター(インターン生)として最初のキャリアをスタートしました。その後、テルストラ(オーストラリア最大の通信・情報サービス会社)でユーザーサポートとして働きました。2011年から2012年にかけて、ソフトウェアテスターとして働く機会があり、そこからテスターとして長いキャリアを築くことになりました。その後、NextGen GamingにQAテストアナリストとして入社。そこで、本来の仕事だけでなく、効率的な新しいテスト技術やテクノロジーを学びました。QAテストアナリストから、シニアQAテストアナリスト・QAリードに昇格することもできました。
テクノロジーは急速に変化し、成長しています。最新のトレンドに追いつくため、テスターとして学習と実践を続け、オートメーションテストエンジニアになりました。そしてそのスキルと専門知識があったからこそ、QAオートメーションエンジニアとしてジールスに入社することができたと思っています。
テクノロジー開発部 Faisal Kauser

新卒で大手人材サービス会社に入社し、人事部に配属されました。1000人規模の採用を遂行するだけだなく、入社後活躍できるようにオンボーディングプロジェクトの担当もしていました。その後、リーマンショックの影響で採用がストップとなり営業職へ異動。地方勤務を経て、責任者を経験した後、経営企画に入り新規事業提案制度などの立案を担当しました。今までと違う環境で挑戦したいという気持ちが芽生え、Web広告会社へ転職。セールスの責任者として赤字事業の黒字化や、人事領域の仕事を兼任していました。改めて、人事領域の仕事に携わりたいとの思いから、人事コンサルティング会社に転職。新規事業の立ち上げなどアグレッシブに働いていました。
People&Culture本部 浜岡 範光

ジールスに入った理由を教えてください。

ジールスとの出会いは、エージェントからの紹介でした。3年前に子供が産まれたことを機に、ワークライフバランスを考えるようになりました。子育てにも参加しながら、自分の好きなものや心が動かされる仕事はないかと考えていたときに、担当の方からおすすめされました。先輩社員の方とお話をしていく中で、両立できるイメージが湧き入社を決めました。
チャットコマース事業本部 石川 智成

前職は大企業だったこともあり、チームの規模も大きく、全社に関わる抜本的なプロジェクトなどスピーディーに進めることが難しい環境にありました。全社目線でできる仕事がないかと転職活動を始め、スカウトメールが届いたのがジールスを知ったきっかけです。
選考がとんとん拍子に進み、こういうスピード感で働いてみたいと思うようになりました。会社のフェーズ的にも、整備段階で全社的に関わることができると思いましたし、転職した方々の記事を見て、どの人も楽しそうで前向きに働かれているのが好印象で入社を決めました。
People&Culture本部 村松 優花

元々、転職活動は積極的にしていたのではないのですがエージェントから届く通知メールを時々確認していました。ジールスからオファーメールを受け取り、読んでみるとプロダクトに興味が湧き、話を聞いてみたいと思ったのがきっかけです。面接で、ここで面白いことができそうと直感的に思い入社を決めました。
チャットコマース事業本部 瀬戸 裕介

ジールスのことは、YouTubeやNewsPicksなどで見て知っていました。転職活動中、広告代理店やコンサル企業の内定をもらっていたのですが、興味本位で話を聞いてみたいと思い応募したのが入社のきっかけです。今後どのように発展していくのかわからない状況が面白そうに感じ入社確度が高まっていきました。面接を担当して下さった方々の熱量もすごく、仕事への熱意が伝わってきた印象があります。
チャットコマース事業本部 大木 一生

元々ジールスのことは、「名前を聞いたことがある」程度に知っていました。興味を持ったのはCEO清水が発信するメッセージでした。言葉の力強さと何より素直さに惹かれました。また、自分自身が日本の中での「当たり前」を世界のスタンダードにする仕事に携わりたいと思っていた時期があり、ジールスの事業は、日本では当たり前の「おもてなし」を世界に届けるチャレンジをしているという点で共通しているなと感じました。ビジョン共感が入社の決め手です。
チャットコマース事業本部 大谷 篤史

ジールスの事業内容を調べていくうちに、自分がこれまで関わってきた業務ややりたいことが実現できる環境があるのではないかと思いました。コーポレートサイトで公開されているオウンドメディアの記事も一通り読み、さまざまなバックグラウンドを持つ方が働かれている企業だという印象を持っていました。
コーポレート本部 和田 知也

I moved to Japan in 2020, just before the pandemic. Initially, I was uncertain if I would be able to enter into a testing market in Japan due to a language barrier. Also, the majority of the Testing roles are based in Tokyo. However, COVID changed the way we work for the better. From businesses to individuals, we have all been affected one way or another by the pandemic. While we know that many businesses have had an extremely difficult time, some businesses have managed to turn the table around. In fact, many businesses are enjoying some very positive changes that have come out of the situation. Many companies are taking steps towards hybrid working environments, where teams can work remotely and that has opened opportunities for businesses to hire talent worldwide.
I was approached by a recruitment agent for a Testing position and got to know Zeals. I never worked in Chatbot Communication technology before, I was keen to know about it and went through the Zeals website to learn about it. What caught my attention was the ‘Omotenashi’ revolution with chatbots. No doubt the Japanese customer service is the best in the world, and I got pretty interested in it. The more I read about Zeals the more I realized that Zeals have a zeal [passion] for Omotenashi. I felt my skills are particularly well-suited to this position and the technologies used by ZEALS.
Finally, I decided to apply for the position after a couple of rounds of Interviews and technical Tests, I was lucky enough to get an offer.
(訳)僕が日本に移住したのは、パンデミック直前の2020年。言葉の壁もあり、最初は日本でテスター市場に参入できるかどうか不安でした。また、テスト職の多くは東京に拠点を置いています。しかし、コロナは僕たちの働き方を良い方向に変えてくれました。企業も個人も、何らかの形でパンデミックの影響を受けています。多くの企業が非常に厳しい状況にありますが、中には成功した企業もあります。実際、この状況からポジティブな変化は生まれており、多くの企業がそれを享受しています。企業はチームがリモートで働くことができるハイブリッドな労働環境づくりに取り組んでおり、その結果、世界中の人材を採用する機会を得ています。
僕の場合、転職エージェントからの紹介でジールスを知りました。これまで、チャットボットの技術に携わったことがなかったため、ぜひ知りたいと思い、サイトを見て勉強しました。中でも、「おもてなし」革命という思想に惹かれました。日本のカスタマーサービスが世界一であることは疑いようがありません。調べていくうちに、ジールスという会社が「おもてなし」に対するZeal(熱意)を持っていることが分かりました。そして僕のスキルが、役に立てると思いました。面接と技術テストを数回行った後、幸運にも内定をもらえたことを嬉しく思います。
テクノロジー開発部 Faisal Kauser

前職で立ち上げた新規事業がきっかけでジールスと出会いました。元々、転職を考えていなかったのですが「事業・仲間・やって欲しいことの難しさ」からジールスに興味が湧きました。最初は、アドバイザーとしての関わりだったのですが、やりたいことを実現するための答えがすぐには出なかったんです。それは、「仕組みづくり」。急成長スタートアップでありながら確固たるカルチャーを持っている面、グローバル前提で推進する必要性がある面など、自分にとってとてもチャレンジングな挑戦ができる環境が整っていると思い入社を決めました。
People&Culture本部 浜岡 範光

ジールスには入社したメンバーが書くボードが存在します。それが「Will Board」皆さんはどんな思いを描きますか?

心を動かせ
コミュニケーションデザイナーというクリエイティブな職業についた以上は、”お客様の心を動かす”という決断の意味を込めてこの言葉を選びました。またお客様だけでなく、一緒に働く仲間にも、自分自身の働く姿で周囲の心を動かし、「石川さんみたいに」「石川さんに負けない」といった火付け役的な存在でありたいと思っています。
チャットコマース事業本部 石川 智成

飛翔
今回が私にとって初めての転職です。ジールスでは、かつてないスピードとクオリティを求められると思っています。そんな中で、自身は羽ばたきたい、進歩したいという気持ちを込めてこの言葉を選びました。
私が担う業務は、全社の業務をいかに身軽にしてあげられるか、が重要だと考えています。
People&Culture本部 村松 優花

GAFAを超える
デジタル後進国と言われている日本ですが、ジールスのプロダクトは世界を変える可能性があると強く思っています。日本からGAFAに並んで、追い越せるようなプロダクトにビジネス視点からブラッシュアップしていきたい、という思いで書きました。
チャットコマース事業本部 瀬戸 裕介

Bet On Your self(自分に賭けろ)
僕が好きなNBAのバンブリード選手が、ドラフトの当日、自身の名前を呼ばれることを待ち望んでいたにもかかわらず、呼ばれなかった時のスピーチで発した言葉です。
まだまだ諦めていないという気持ち、そして”Bet on your self”=自分に賭けろ、という意味が込められていました。彼は、その後NBA入りし、チームの優勝に貢献。有言実行を体現しました。僕も、転職先の企業で活躍できるかは自分次第だと、戒めの言葉にしています。
チャットコマース事業本部 大木 一生

世に名を残す
自分の人生のピリオドを迎えるときは、感謝されて死にたい、という漠然とした夢があります。人の糧になるような存在でありたいですし、自分がいつまでもどこかに残っていたらという思いで名を残していきたいと考えています。
チャットコマース事業本部 大谷 篤史

変化を楽しめ
この言葉にした理由は二つあります。一つは「適者生存」。変化し続けないと生き残れないと思うので、変化があって然るべきだと僕は考えています。変化に対して、それが仮に面白くないものだとしても、能動的に楽しみたいです。二つ目は、自分は生きている中で「変化していること」が「生きていること」だと考えているからです。常に変化を楽しめる生き方をしたいと思います。
コーポレート本部 和田 知也

After hardship comes ease(苦難の後に安らぎがある)
I believe nothing is easy in this rapidly growing world. We do not grow when things are easy, we grow when we face challenges. And that growth, learning, and experience are known as ease at the end. In the beginning, everything seems to be hard and challenging, however, if we keep moving, we will see the light at the end of the tunnel. So, at Zeals let’s keep moving, keep growing despite the challenges and never give up because indeed after hardship comes ease.
(訳)この急成長する世の中で、簡単なことなど何もないと思います。人は物事が上手くいく時に成長するのではなく、困難に直面した時に成長するものです。そして、その成長、学習、経験が、最後には安らぎと呼ばれるようになるのです。最初は何もかもが大変で、困難なことのように思えます。でも前進し続ければ、トンネルの先に光が見えてくるのです。だから僕は、ジールスで働く中で困難があっても前進し、成長し続け、決して諦めません。なぜならその困難の先には、必ず安らぎがあるのだから。
テクノロジー開発部 Faisal Kauser

世界一魅力的な企業を創る
「世界一」という抽象度の高い目標を掲げた方がワクワクします。どうやったら良いかわからなくても、実現したらすごいのは「世界一」です。どうやったら良いかわからないレベルの目標を掲げることが、みんなの力を結集することにつながると考えているからです。仮に、僕がその答えを知っていたら、存在が「悪」になる気がします。主体性が生まれ、一人ひとりが専門性を発揮できる組織をつくって行きたいです。
People&Culture本部 浜岡 範光